環境教育事業

我々が最も重視している活動が『人づくり』です。

自然環境に最も大きな影響をもたらすのは、そこに住んでいる人々の生活に他なりません。現代社会において自然に対する意識が気薄化していますが、それは都会でも地方でも同じことが言えます。こうした想いから、森は海の恋人では、多くの人々に自らの体験を通して自然に対してバランスのとれた感覚を養ってもらうためのプログラムを実施しています。

  • 体験学習

    体験学習

    主に小・中・高校の子どもたちを対象とし、養殖筏の観察や湿地、浜辺の生物観察などを通じ、自然環境と自分たちの生活の繋がりを感じてもらいます。

  • 講師派遣

    講師派遣

    シンポジウムや講演会、特別授業などに講師を派遣し、自然の繋がりについて伝えています。

  • 大人向け環境教育

    大人向け環境教育

    自然体験を主催する側のスタッフ養成や、アウトドアの基礎などを学ぶプログラムを実施しています。

  • 子どもキャンプ

    子どもキャンプ

    小・中学生を対象に、宿泊型の自然体験プログラムを実施しています。海や山での遊びや共同生活を通じて、バランスのとれた自然観を養うことを目指しています。

  • 『舞根森里海研究所』

    『舞根森里海研究所』

    『舞根森里海研究所』を管理・運営し、当地域の研究と教育に資する活動を促進しています。

  • 森海理念の普及

    森海理念の普及

    山も海も人々の生活も全て繋がっているという『森は海の恋人』運動の理念を世界に向けて発信・普及していきます。

事業報告

 

秋田市立太平小学校の皆さん(2009年8月)

今年で8年目となる、恒例の川遊び。
秋田市立太平小学校のワラシ達と、八田川の支流で、思いっきり遊んできました。

太平のワラシ達は今年も元気でした。前回は増水で川に入れなかったので、ヨカッタヨカッタ。
来年も元気に川遊びしたいですね。

岩手県盛岡市立下橋中学校の皆さん(2009年7月14日)

岩手県の盛岡市から、下橋中学校2年生の皆さんがお越し下さいました。

この日は夏日となり、海での活動日和!

ホタテの養殖体験や、木造船の櫨こぎ、理事長による講義など、盛りだくさんの内容をこなしてもらいました。

みんな楽しそうにしてくれていたのが印象的でした。

交流会で披露していただいた名物の大根踊り、素晴らしかったですよ!

里海・里山 自然観察会(2009年6月27日)

自然観察のプロフェッサー、薄葉重氏をお迎えし、気仙沼市唐桑町で「里海・里山 自然観察会」を行いました!

晴天に恵まれ、自然観察には最高のお天気。

近くの森や沢で身近な自然をじっくり観察。普段見過ごしがちな風景の中にも、驚きが隠れていました。