珍しい工事が行われました。

東日本大震災の災害復旧工事の一環で、河川護岸を撤去するという珍しい工事が行われました。
気仙沼市唐桑町舞根地区では約40年以上もの間耕作放棄地だった土地が、震災の影響で地盤沈下し塩性湿地へと変わり、豊かな生態系を取り戻しつつあります。
その湿地沿いの河川護岸の災害復旧工事として行われたのが、西舞根川左岸の約10mの開削工事です。
これにより、湿地と河川との水交換が良くなり、より変化に富んだ生態系へと変化していくことが予想されます。
専門家によれば、災害復旧工事の枠の中でコンクリート製の護岸を造るのではなく、逆に壊す工事というのは日本で初めてだそうです。

舞根地区の災害復旧工事はこれからまだまだ続きます。
人の手が加わることで自然環境は良くも悪くも変化していきます。
少しでも良い方向に変化するよう、森は海の恋人では引き続き尽力して参ります。