舞根地区の湿地で自然観察会を実施しました【2019年9月15日】

震災で形成された舞根地区の湿地で、自然観察会を実施しました。
塩性湿地などについて概要を紹介したほか、植物の専門家からどのような植物が見られるのかについてレクチャーしていただきました。
また、この地域で発見された新種のエビについても研究者から紹介させていただきました。

当日は天気も良く、タープの下に移動して休憩を挟みながらの講義となりましたが、身近な自然について知るきっかけにしていただけたのではないかと思っています。