第3回有明海再生シンポジウムを開催しました!【2012年5月10日】

平日にも関わらず、200名を超える方にご参加頂きました。
ご来場頂いた皆様、本当にありがとうございました!

開催日時:平成24年5月10日(木) 13:00~17:00
会場:福岡市民会館小ホール

【プログラム】
13:00-14:00 基調講演 「津波の海に生きてー蘇る牡蠣」
畠山重篤(NPO法人森は海の恋人理事長)
14:00-14:30 基調報告Ⅰ「蘇る気仙沼舞根湾」
横山勝英(首都大学東京)/益田玲爾(京都大学)
14:30-15:00 基調報告Ⅱ「運命を共にする福岡市民と “ムツゴロウ”」
田中克(国際高等研究所)

15:10-17:00 パネル討論「汽水・干潟・湿地を巡る討論」
畠山信(NPO法人森は海の恋人)/吉永郁夫(京都大学)/平方宣清(佐賀県太良町漁師)
田中克(国際高等研究所)/益田玲爾(京都大学)/横山勝英(首都大学東京)

主催:有明海再生シンポジウム実行委員会
NPO法人森は海の恋人

後援:福岡市、有明海再生研究会、三井物産株式会社、日本文理大学、(社)福岡県中小企業経営者協会連合会、(株)日の丸産業、有明海を育てる会、下筑後川漁業協同組合、みらいの森里海研究会、メカジャ倶楽部、NPO法人筑後川流域連携倶楽部、田島山業株式会社、(株)イデア九州支店、九州旅客鉄道株式会社、(財)地球産業文化研究所、(株)アサツー・ディ・ケイ、中津江200海里の森づくりの会、おおやま夢工房、西日本新聞社、読売新聞社(申請中)、朝日新聞社(申請中)、毎日新聞社(申請中)

※本シンポジウムは三井物産環境基金より助成を受けて開催されました。