森は海の恋人シンポジウムin東京(2012年4月3日)

2012年4月3日、東京にて森は海の恋人シンポジウム『海と共に生きる-よみがえる海の生き物・復興へのメッセージ-』を開催しました。当日は悪天候にも関わらず、本当に多くの方にご来場頂くことができました。開催にあたってご尽力・ご支援頂いた皆様に心より御礼申し上げます。

 東日本大震災では海の環境破壊と生物への影響が懸念されましたが,約1年が経過して牡蠣の成長がとても早いことが報告されています.私たちは気仙沼の海を震災直後からモニタリングしており,海の中で何が起こったのか,津波と海底がれきの実態,水質,底質,生物の変化,牡蠣養殖の推移についてシンポジウム内で報告させて頂きました.

開催日時:平成24年4月3日(火) 14:30~17:00
会場:日経ビル3階 日経ホール

●第一部: 基調報告 「気仙沼の海はいま」
 ・津波の被害実態と海底がれき
 ・水質と底質の推移
 ・魚や藻場の回復状況
 ・牡蠣,ホタテ養殖の経過
●第二部: パネルディスカッション 「海と向き合うまちづくり」
 ・沿岸低地の土地利用の変遷,いま何が起きているか
 ・汽水域の再生とまちづくり