森は海の恋人シンポジウムin気仙沼(2012年3月13日)

このシンポジウムは,震災後に気仙沼市の沿岸海域で行ってきた環境モニタリング調査を通じて見えてきた変化を地元の方々に報告するとともに,三宅島の災害復興の経緯や限界集落の話などを交えながら,三陸の新たなまちづくりや森・里・海のつながり,海と共に生きる人々の未来を考えることを目的として開催されました.
 当日はおよそ150名の方がご来場下さいました。お忙しい中お集まりいただきまして誠にありがとうございました!

●第一部:東日本大震災と復興へ向けた想いについて,NPO法人森は海の恋人理事長 畠山重篤からお話しさせていただきました.
●第二部:未曾有の津波によって海の中はどのように変化したのでしょうか.私たちが目にすることのできない海中の様子,がれきの状態,生き物が津波から受けた影響,環境の回復状況や水産物の安全性について,約10名の専門家から構成されるボランティアチームの調査研究結果を報告致しました.
●第三部:三宅島の復興過程の経験やまちづくりの専門家の話を交えながら,今後のまちづくり・地域の復興,環境教育などについて,会場の皆様と共に討論を行いました.

※今回の調査結果の発表は、三井物産環境基金の助成を受けて行った環境モニタリング調査を基に行いました。また、本シンポジウムは、今後のまちづくりに資するものとすべく、NPO法人森は海の恋人と公益社団法人Civic Forceのパートナーシップ協力プログラム事業の一環として開催されたものです。